「世界との関わり方を学べ!色々なドアが開くぞ!」











 実を言うと、僕もオデッセイの生徒達と旅を共にし始めてから、上手な旅の仕方を学んだ。上手な旅とは旅先で出会う人と関わって、自分と会話をして、荷物の整理整頓ができる旅。その瞬間を忘れられない思い出にする為の気持ちの整え方。快適ゾーンから飛び出して自分をチャレンジする事などなど。過去5年、僕はエルサルバドル、グアテマラ、チリ、ペルー、ボリビア、ベトナム、カンボジアを旅した。どこに行ったかは大切じゃない。旅が終わってから、どんな冒険話ができるかが一番大切なんだ。僕は沢山の旅先からのお土産話がある。観光するだけでは絶対にお土産話は持って帰れない。沢山のアクティビティに参加してみて。旅をしている時にしてもらいたい事が3つある。1. 役に立て!旅先でそこに住んでいる人達の為に役に立つ事をする。2. 知り合いになれ!世界にはきっと君との会話や時間を喜んでくれる人達がいる。3.日記を書く!その瞬間を写真だけでなく、日記にも書く。それが君の一番のおみやげになる。書く事に困ったら、下のワールドトラベラー101を試してみて。