今瀬博がオデッセイ中学校の生徒達に残した10のアドバイス

このアドバイスの中にギフティッドの子供達への関わり合い方や子育てのヒントが隠されています。

​「両手をいっぱい開いて、この学校にきて!」

 新しい事を学ぶ準備は出来てる?新しいチャレンジが君を待っているよ。でも、ちょっと待って。もし手に物(過去の経験)を一杯持っていたら、.....

「諦めるな!きっと自分の勉強システムが見つかる。
もしかしたら一学期目かも。もしかしたら、卒業前かも。」
 

 この学校で教えていて、よく思ったのは何人かの生徒にとって「勉強する」という事が未知の世界だという事だ。.....

​「新しいアイデアや価値に目を向けて」

 オデッセイ中学校は文化。文化ってちょっとの間そこに住んでみないとわからないよね。日本だって、それぞれの地方に文化があって、観光に行ったくらいじゃわからない。.....

​「君の「快適範囲」は本当に小さい。大きくしろ!」 

 僕は旅をしている時、自分の「快適範囲」は本当に小さいんだなと思う。君は自分の「快適範囲」の大きさ知ってる?.....

​「自分が誰よりも自分が何をしているかに注目」

 沢山の人が自己啓発本を読んでいるの知ってる?大人も沢山の本を読んで自分が誰なのかって知ろうとしているんだ。でも、本の中には答えはないよね。.....

​「誰かの論理より、自分の直感を信じられる人になれ」

 誰かがするなって言ってもする事ってあるよね。デスロード「死の道」だ。ボリビアに行く前に唯一知っていた事だ。.....

「もし、それでも自分が誰か知りたかったら、
「---のように振る舞う」というコンセプトを使ってみて。」

 君がこの学校をドアを叩いた時、僕らは君の事をほとんど知らないっていっても良いだろう。だから、もし君が恥ずかしがり屋で、もし、そんな自分を変えたいのなら、.....

「世界との関わり方を学べ!色々なドアが開くぞ!」

  実を言うと、僕もオデッセイの生徒達と旅を共に出るようになってから、上手な旅の仕方を学んだ。.....

​「13才の誕生日は盛大に祝え!」

 バー・ミツバは大好き。ユダヤ人の男の子が13才になった時に祝う儀式だ。よく生徒のバー・ミツバに招待された。 自分専用のヤマルカも持っている。まあ、簡単に言うと、カッパのお皿みたいな物だ。

​「旅先でのコミュニティーに恩返し!」

 僕の手は本当に汚い。指先が真っ黒。これはお金を使う度に指先が汚くなっていくからだ。学校に行く途中 .....