ホームスクールを選択した理由は?

ホームスクールを選択したのは、息子のトミーがクラスで集中できず、帰宅してから、学校で終わらなかった課題や、宿題に多くの時間を要したからです。それによって息子の自由時間は奪われていきました。息子はハッピーじゃない毎日を送っていました。そして、息子がディスレキシアである事がわかりました。ホームスクールは子供のためにカリキュラムをカスタマイズできるので、ディスレキシアにも取り組む事ができるようになりました。今は、学校でも教えていない日本語を勉強していますが、息子は日本語を学ぶ事を非常に楽しんでいます。テクノロジーも発達しているので、オンラインで学ぶ事も多くあります。学校では聞くという事で学びますが、息子は体を使って学ぶ事が大好きですので、見たり聞いたりだけではなく、ハンズオンで、体験して学ぶ事をしています。

 

ホームスクールの良い点はどこですか。

学校以外でも子供たちが学べるカリキュラムがたくさん存在します。子供の学び方を尊重して、色々な事を学ぶ事ができます。フレキシブル。復習にそんなに時間をかけなくても学べるので、子供たちがどんどん趣味を発見していく事ができます。起きてから、パジャマ姿でも学ぶ事ができます。日によっては朝早く起きなくても、クラスをスタートさせる事ができます。1対1で取り組むので、理解しているかを確認しながら、進めていく事ができます。その為に抜けていく事がないので、非常に強い基礎を築く事ができます。

 

ホームスクールの大変な点はどこですか。

家族の時間も取られてしまうので、そんなに自由時間がない所です。ですから、子供との時間を楽しめるお母さんでないとなりません。教える事が好きだったりという事も大切です。全てのお母さんが家にいて、子供たちと一緒にいる時間が好きとは限りません。私は大好きですけど!もし子供が自立しているのなら、オンラインコースで学ぶ事もできます。

 

誰が計画やカリキュラムを作りますか。

私がカリキュラムを計画します。州のスタンダードを反映しながら作っています。

 

政府からどんなサポートを受けていますか。

チャータースクールに登録し、1500ドル教育予算として頂きました。このお金は学びの為に使う事ができます。このチャータースクールはホームスクールのための学校なので大好きです。ホームスクールの記録をしてくれます。3週間に1度、学校の先生が家に来てくれて、ホームスクールの活動をチェックしてくれます。年に2度、テストも提供してくれます。

 

ホームスクールをする時の心構えは?

ホームスクールをする時は活動記録を残さなければなりません。だから、記録を残していけるように、サポートしてくれる学校は本当に貴重です。

 

ホームスクールのコミュニティーや組織のメンバーですか。

ホームスクールのコミュニティーとしては、オンラインや、実際に会って活動するグループなどがあります。週2回、実際に会うグループに参加して、社会と歴史を学んでいます。自分たちが住んでいる町の旗をデザインし、市長の前でプレゼンテーションをしました。遠足に行くグループもあります。

 

ホームスクールを考えている家族にどんなアドバイスがありますか。

子供たちがどんな学び方をしているかを知り、どういったカリキュラムが合うかをテストしてみると良いです。最初はゆっくり。親子共々どちらも初めてホームスクールをするという事を知ってください。もし、口論となっても、より良くしてくために、お互い何ができるかを話し合ってください。ホームスクールはずっと家にいるわけではありません。どんどん外に出て行ってください。そして、成長期に一緒にいられる事を楽しんでください。

 

アメリカでホームスクールをしているFP家族からのご意見です。