​「両手をいっぱい開いて、この学校にきて!」











 新しい事を学ぶ準備は出来てる?新しいチャレンジが君を待っているよ。でも、ちょっと待って。もし手に物(過去の経験)を一杯持っていたら、他の物(新しい経験)って持てる?だから、手を開いて、持っている物を離そう。手を広げるために3つの事を考えてほしい。


 もし前の学校でいじめられていたのなら、忘れたい嫌な経験を背負っていると思う。できる事なら、君の足もとにおいて、前を向いて進んでほしい。忘れろと言っているわけじゃないんだよ。でも、その握った手から離そう。それは、この学校では同じ嫌な経験は二度とないから。今は無理かもしれない。でも、きっとその嫌な経験に向き合う事ができる時がくる。君はきっと向き合えるようになる。何ヶ月もかかるかもしれない。1、2年かかるかもしれない。でも、できるだけ早い方がいい。新しいクラスメートと新しい学校にチャンスを与えて。そして、一番大切なのは君自身にもう一度周りの人と関わるチャンスを与えてあげて。ここでは誰とでも会話を楽しむ事ができる。ここは君の場所だ。


 学びへの情熱を失ってしまっていたら、その過去は忘れてほしい。沢山のギフティッドの子供達は4年生か5年生で学びへの情熱を失ってしまう。それは授業が簡単すぎてつまらなかったり。先生が何度も何度も復習したりして、同じ事を教えるから結果的に学校が楽しい場所ではなくなってしまったかもしれない。私達はきっと君の失った学びへの情熱に火を灯し直す事ができる。もう一度君自身にチャンスを与えてあげてほしい。前の学校であまり好きじゃなかった科目にもう一度チャレンジしてみてほしい。


 もし、いじめにもあわず、学び事が大好きだという君!良かった!しかし、これからの授業はとてもチャレンジが必要だよ。そして、君のクラスメートも君と同じくらい賢いだろう。だから、レベルの高い会話ができると思うよ。そして、クラスメートと先生との時間が楽しくなるだろう。


 この学校は前の学校の延長線上にはない。まったく新しい冒険が始まるんだ。これからの3年間みんながこの学校でする事。まず、新しい事にチャレンジ。そして、怖い事にチャレンジ。したくない事にチャレンジ。その後は君の仲間と先生、家族が一緒に祝ってくれる。自分がどんな人なのかと決めつけるのはまだ若すぎる!この3つの事を3年間チャレンジしてみて。この冒険の後、どんな人になっているか、きっと君は驚くだろう。