「自分が誰なのかと考えるより、自分が何をしているかを考える」

 沢山の人が自己啓発本を読んでいるの知ってる?大人も沢山の本を読んで自分が誰なのかって知ろうとしているんだ。でも、本の中には答えはないよね。自分が誰かって知りたいのなら、経験からしかその答えはでない。僕だってやっと自分の事を知り始めたんだ。僕は気が長くて、良い友達で、物語を語るのが上手。楽しく旅行ができるし、何にでもチャレンジする。そして、人の表情を撮るのが上手い写真家。自分が誰なのかって、自分が普段している事から知る事ができる。という事は何かをしないと誰でもないって事。行動を起こせ!頼れる先輩になれ!一生懸命勉強する生徒になれ!家で楽しい兄弟になれ!君にとって今日は最悪の日かもしれない。でも明日はきっといい日だ。それは君の人生において、とても複雑な時期を過ごしているからなんだ。学校で「私の人生最悪!」って思う日もある。「全部が嫌い!私自も含めて全てが嫌!」「なんか悲しい。でも理由がわからない」「ちょっと、ほっておいて」「誰も私の事をわかってくれない」ってね。でも次の日には「友達大好き!私も大好き!」「僕の人生っていいな」って思う。それは君は体も脳も日々成長しているんだ。それでホルモンのバランスが崩れているんだ。僕たちは「ローラーコースターに乗っている」っていうんだよ。多分、イライラすると思うし、周りもイライラしている事だろう。でも、大丈夫。僕たちが一緒にローラーコースターに乗るからさ。これからの3年間は一緒だ。君はまだ若い!みんなは未完成で取り組み中ってことだ。一つだけここで言える。自分が誰なのかわからないかもしれない。でも、自分を受け入れる事ができる。そして、自分がもっと好きになるだろう。親の話に耳を傾けて。先生の話に耳を傾けて。クラスメートの話に耳を傾けて。君が思っている事、感じている事を共有してみて。僕らは何も言わないよ。ただ、君の言いたい事を聞きたいんだ。​