top of page
  • Erin Stallings

子育てを豊かにする教育のお話:「山を動かすことはできない。動かすのは自分の気持ち」感情知性を発揮する瞬間

「好き嫌いが激しく、やりたくないことはやりたくないタイプなんです。」これは縛ってしまう言葉です。未来の機会を狭める言葉です。

「チャレンジだからやってみる。」

「やってみたことがないから、やってみる。」

「一緒にやってみる。」

もし、山に圧倒されているのであれば、山に圧倒されているわけではなく、山を見て生じた「自分の気持ち」に圧倒されています。

目の前のある山をどうすることもできない。

山は動きません。ゴツゴツした岩肌に圧倒されているわけではないです。

それを見て、生じた自分の気持ちに圧倒されています。

長いコースタイムに圧倒されているわけではないです。

それを考えて、生じた自分の気持ちに圧倒されています。

「山を動かすことはできない。動かすのは自分の気持ち」 Hirosopher

山は動かすことはできない。目の前にそびえ立つのみ。しかし、生じた気持ちを動かすことはできます。感情知性です。

実は、「山」のように見える「機会」は身近にあります。

そして、その圧倒されている外的要素は変えることはできません。そして、動かすことができないものを動かそうとして、「windows of opportunity – 機会の窓」が閉まってしまうことでしょう。そしてその機会の窓は2度開かないかもしれません。

FPのココロミルとは、

「ココロミルとは、物事を試して、そこで感じた気持ちを知る。心を見る。その物事を知るわけではなく、自分のことを知ること。」 FP哲学

FPの生徒たちは、「ココロミル」ことにコミットしています。

どんな山、そして「山」も乗り越える彼らがいます。

そして、その横には同じように頑張っている仲間たちがいます。

Feelosopher’s Pathの生徒たちは山を動かそうとはしません。

自分の心を動かし、山の頂きに仲間たちと立ちます。

GO FEELOSOPHERS!

1 view0 comments

Recent Posts

See All

2023年のFeelosopher’s Path

Adventure continues…冒険は続きます 「私がかなたを見渡せたのだとしたら、それはひとえに巨人の肩の上に乗っていたからです。 (If I have seen further it is by standing on the shoulders of Giants.)- アイザック・ニュートン 私たちFPコミュニティーはこれまでの10年間で、生徒たちや保護者そして家族で雪山登山をした

Comments


bottom of page