top of page
  • Erin Stallings

ギフティッド教育:ギフティッドの子供たちはエクストラに面倒臭い!それは尻尾を出しているかも!

「ギフティッドと見極められる子どもたちと絡むのは面倒臭い!」と思うかもしれない。

でも、「至福の時でしょう

❤️」ギフティッドの子が目の前に立っています。 あなたは質問ぜめに合うかもしれません。

「なんで?」「どうして?」「もし、こうなったらどうなるの?」

仕組みに興味がある子が多いです。

知的好奇心のみならず、素晴らしい記憶力もあるので つじつまが合わないと、あなたがする事に「なんで?」と疑問に思うかもしれない。

多くは哲学的な質問かもしれない。答えのない質問も多い。

あなたは常にチャレンジされています。

もう一度言います。

あなたは常にチャレンジされています。

知っているかし中ではなく、あなたの生き方。

乳歯が取れた時、枕の下に置いておくと、次の日の朝、歯の妖精は25セントコインに交換してくれています。そんな歯の妖精のお話をご存知ですか。

子供の歯が抜けたので、「歯の妖精がくるから、抜けた歯を枕の下に置いておきましょう」というと、

子供は「なぜ、それをしなくてならないの?」と嫌な顔をします。

あなたは子供の質問に答えられますか。

あなたはどんな理由を想像していますか。妖精と言っても、どんな妖精を子供は想像しているのでしょうか。

そして、子供はあなたに言います。

「乳歯は自分のもの。全部集めて、ネックレスにして、20才になった自分にプレゼントする。」

独創的な思考に戸惑うかもしれません。

ほらほら!尻尾を出してますよ!

0 views0 comments

Recent Posts

See All

2023年のFeelosopher’s Path

Adventure continues…冒険は続きます 「私がかなたを見渡せたのだとしたら、それはひとえに巨人の肩の上に乗っていたからです。 (If I have seen further it is by standing on the shoulders of Giants.)- アイザック・ニュートン 私たちFPコミュニティーはこれまでの10年間で、生徒たちや保護者そして家族で雪山登山をした

Comments


bottom of page